IDA Life Blog

HOME  >  日用品
カテゴリー : 日用品 - その他
•ニット帽 •マスク •洗濯槽クリーナー •冬

公開日: 2024-05-13

シンサレートのニット帽などを買った


img_1
2022年12月22日

年末が近づいてきました。今年も もう終わりという感じです。今年の冬は特に寒いような気がしますが、毎年寒いと言っているので、毎年のことなのかもしれません。僕は、冬の夜の散歩では、ニット帽を着用しています。もう少し暖かいものが欲しくなり、ダイソーでシンサレートのニット帽を買いました。ついでに、マスクと洗濯槽クリーナーも買いました。

Contents
• 買った物
• ニット帽
• マスク
• 洗濯槽クリーナー
• ニット帽をかぶってみた

ニット帽と、マスクと、洗濯槽クリーナーです。

洗濯槽クリーナー、ニット帽、不織布マスク

[ 画像1. 買った物 ]

 


シンサレート(Thinsulate)を使用したニット帽です。300円(税抜き)でした。商品タグには、赤い文字で「3M」と書かれています。

image 2

[ 画像2. ニット帽の商品タグ ]

 

ニット帽の内側のタグにも赤い文字で「3M」と書かれています。

3Mと書かれているので、高級感があります。300円(税抜き)ですが、安っぽさはありません。
[内側のタグ]

image 3

[ 画像3. 内側のタグ ]

 

裏側は、ニットがむき出しではなく、フリースのような素材になっています。商品タグには「二重構造」と書かれています。ニット素材とフリースのような素材の、二重構造なのでしょう。寒い夜にも暖かそうです。

image 4

[ 画像4. 二重構造 ]

 

次の写真は、商品タグを拡大したものです。

image 5

[ 画像5. 商品タグ(拡大) ]

 

「コンビネーションカラーB」と書かれています。コンビネーションは「組み合わせ」という意味です。おそらく、薄いグレーと濃いグレーの組み合わせという意味なのでしょう。この製品は単色ではなく、薄いグレーと濃いグレーの2種類の色が組み合わさっています。

なお、他の色もありましたが、あえてグレーにしました。暗い色だと、夜に目立たないからです。夜の散歩に使うので、視認性を上げるために、グレーにしました。白だと汚れが目立ちますし、中年男性に白は似合わないと思うので、グレーがちょうどいいです。


不織布マスクです。30枚入りで、100円(税抜き)でした。

image 6

[ 画像6. 不織布マスク ]

 

冬なので、マスクをしていると、メガネが曇ることがあります。僕は現在、散歩のときはマスクを外しています。一時期は「マスク不要論」もあったようですが、歩行者の多くはマスクをしているように見えます。ただし、お店の中ではみんなマスクを着けています。僕も、お店の中ではマスクを着けています。


塩素系の洗濯槽クリーナーです。今年中に、このクリーナーを使って洗濯槽を掃除する予定です。一般的に、酸素系は30℃~40℃程度のぬるま湯を使い、塩素系は常温の水を使うとよいそうです。今回は常温の水を使うので、塩素系を選びました。

真夏には常温でも水は温かいので、常温で酸素系を使ってもよさそうです。

image 7

[ 画像7. 洗濯槽クリーナー ]

 

このクリーナーは日本製です。同じ値段で日本製と外国製があったら、僕は日本製を選びます。

image 8

[ 画像8. 日本製 ]

 


ニット帽をかぶってみました。思っていたよりも小さいので、「子供用だろうか」と思いました。商品タグには、「頭周り」は「57㎝~65㎝」と書かれていました。一般男性の頭周りは58㎝ほどだそうです*。そのため、この帽子は成人でも使えるもののようです。帽子の深さが浅いため、耳を覆うことができません。ニット帽とは、こういうものなのかもしれません。または、使っているうちに伸びてきて、ちょうどよくなるのかもしれません。

かぶって、夜の散歩に行きました。耳を完全に覆うことはできませんが、暖かかったです。寒さが厳しい地域では、耳を完全に覆うタイプの防寒グッズが必要かもしれませんが、この辺りはそこまで寒くないので、この帽子でまずは十分です。


(この記事は、2022年12月に書いた原稿を、2024年5月に修正・公開したものです。)